コミュニティ マネージャーになる方法: XNUMX つのヒント

コミュニティ マネージャーになる方法: XNUMX つのヒント
コミュニケーションが好きで、投影の多い職業を学びたい場合は、コミュニティマネージャーのポジションがあなたの期待に合っているかもしれません. 大企業または中小企業のデジタル通信の管理を責任を持って扱うのは専門家です。 時々、 コミュニティ マネージャーの役​​割は、大企業でのみ真に決定的なものであるという信念が生まれます。 マーケティングと企業イメージを改善するために多額の予算を持っています。 しかし、彼らのコラボレーションは、競合他社との差別化を強化する中小企業のオンラインでの可視性において特に重要です。

さて、次のように動作します コミュニティ管理者 重要な専門能力開発オプションを提供します。 一方で、競争率が高いことも忘れてはなりません。 デジタル環境が変化する中、継続的なアップデートが求められる専門分野です。 常勤研修は、この分野で働く人々がたどる道を表しています. そうしないと、すでに知っていることに落ち着いてしまうと、行き詰まる可能性があります。 コミュニティマネージャーになるには? 以下に、いくつかの提案を共有します。

1.専門コースと補完コース

現在、デジタル プロファイルの幅広いトレーニングを選択できます。 このために、 正式な学位を取得したプログラムを選択することをお勧めします 新しいスキルと能力を習得するために学生を訓練します。 マーケティングのコースは、上級レベルでなければなりません。 総合的な準備を取得することをお勧めします。 つまり、実行されたアクションを追跡できることは肯定的です。 このようにして、成功とエラーを評価できます。

2.ソーシャルネットワークの支配

ソーシャル ネットワークの管理を成功させるには、継続的な計画が重要です。 この専門家が危機的状況に適応した対応を開発することも推奨されます。 設計されたプロトコルは、このプロセスがいつでも発生した場合に決定を下して行動するためのガイドとして役立つことに注意してください。 コミュニティ マネージャーとして働くプロフィールは、以下に関与する有資格の専門家です。 各クライアントの目的の達成に同行する. たとえば、この分野の専門家が会社で働く場合、彼らはエンティティの値を表します。

コミュニティ マネージャーになる方法: 5 つのヒント

3. オンラインとオフラインのネットワーキング

専門家との接触は、どの分野でも非常にポジティブです。 特に、その人が頻繁なコミュニケーションと相互作用を大事にしているとき。 このために、 ネットワーキングの実践は、コミュニティマネージャーとしての仕事において特に重要です. このプロセスは、デジタル環境だけでなく、直接的にも開発されます。 これらのつながりは、創造的なレベルでの扉を開きます。 また、新たなコラボレーションの誕生にもつながります。 同じように、ネットワーキングは、他者への模範と賞賛を通じて学習を促進します。

4 イニシアチブ

コミュニティマネージャーの履歴書は、キャリアを通じて参加したプロジェクトによって充実しています。 これらのコラボレーションの一部は、異なる企業にリンクされています。 しかし、専門家が率先して自分のプロジェクトに参加することも肯定的です。

たとえば、専門的で更新されたブログは、新しい機会に応募するための最良のカバー レターになる可能性があります。 の 企業は候補者のイニシアチブと積極性を積極的に評価します 選考プロセスへの参加。 独自のプロジェクトでは、作成プロセスの最初から参加できます。 同様に、その進化と転換点を観察するのに役立ちます。

コミュニティ マネージャーになる方法: 5 つのヒント

5. この分野で働くために、自分のブランドを大切にしましょう

あなたのプロフィールは、LinkedIn や Twitter などの非常に専門的な環境に存在することをお勧めします。 したがって、 あなたの知識はより大きな可視性を得る. コミュニティ マネージャーとして働きたい場合は、現実的な目標を設定してください。 つまり、段階的かつ絶え間ない学習プロセスを経て進歩します。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。